作者別: admin

注意点

犬のペットフードを選ぶ際、犬のサイズやライフステージの他に、共通して注意すべきポイントが幾つかあります。まずはアレルギーが有るかということです。犬にも人間同様アレルギーがあり、ペットフードが原因となるものは食物アレルギーと言い、その原因として一番多いのが穀物であるとされています。また、犬の体にとって必要な栄養素であるタンパク質でも、牛肉や豚肉もアレルギー源になりやすいといわれています。食物アレルギーの症状、兆候を普段からよくチェックしておきましょう。もし下痢や嘔吐、皮膚炎、かゆみなどの症状があらわれた場合、まずは獣医に相談してみましょう。ペットフードに含まれるタンパク質の原料を変えたことで解決するようなケースもあります。

次に去勢や避妊手術の有無です。犬は去勢や避妊手術を行うとホルモンバランスを崩してしまうため、太りやすい体質になることが多いです。ですので必要以上にカロリーを摂らないように配慮してあげる必要があるのです。

最後にペットフードの原材料です。最近では国産のものも非常に安全性のレベルが高くなっており、安心して与えられるものが多いです。また成分表などをよく見て、無添加のものを選ぶなど、犬の健康を意識したペットフード選びをしましょう。

参照資料……無添加ドッグフード「アランズ」です。
犬のアレルギーの考慮したグレインフリーのペットフードです。

犬のライフステージ

犬のペットフードを選ぶ上で重要なポイントの一つとして挙げられるのが犬のライフステージです。飼われている犬がどの成長段階にいるのかによってその犬に適したペットフードは変わります。犬は加齢とともに運動量や基礎代謝が低下します。また、運動量を維持する上でための筋肉、骨格に必要な栄養素も変わります。ですから年齢とともに必要なカロリー量も変わっていくのです。これは人間に置き換えてみても同じですので理解しやすいのではないかと思います。

犬のライフステージは大きく分けると3種類あります。まずは生後6ヶ月くらいまでを指す子犬と言われる段階、そして1歳から7歳前後までを指す成犬、最後に6歳から7歳以上を指す老犬です。この3種類のうちでご自身の飼われている犬がどれにあてはまるのかをチェックし、そのライフステージにあったペットフードを選びましょう。

子犬や成犬用のペットフードはカロリー量が多いですが、老犬用のペットフードはカロリーが少なくなっています。運動量や基礎代謝が低下している老犬の体に合った食事として作らているからです。
このようにライフステージに応じて必要な栄養量などは変わるため、間違って選ぶことのないように気を付けましょう。

犬のサイズ

犬のペットフードを選ぶ際、重要なポイントの一つとなるのが犬のサイズです。人間が体格や体重によって一日に必要とするカロリーの量が違うように犬もそのサイズによって必要とする栄養の量が変わってきます。犬のサイズを大きく分けると大型犬、中型犬、小型犬・超小型犬の3種類に分けることができます。まずはご自身の飼われている犬がこの3種類のうちのどれに該当するのかということをチェックしてみて下さい。

大型犬の特徴としましては、大きな体であるため、それを支える関節への負担が大きく、体の血液循環が良好でないと心臓への負担がとてもかかってしまうことがあります。大型犬のペットフードにはそれをサポートできる栄養素が必要となり、消化器官が敏感であることも考慮して、胃に負担がかからない成分の配合も重要となります。

中型犬は運動量が多く活発です。運動能力を発揮できるよう、筋肉を維持することが大切ですので、タンパク質やビタミン、ミネラルなどバランスの取れた栄養素が必要となってきます。また、肥満防止の為に、脂質にも配慮されたペットフードが中型犬には必要です。運動量が多いので体内で作られる老化を早める作用のある活性酵素にも気を付け、抗酸化成分や免疫力といった部分も重要なポイントです。

小型犬・超小型犬はカロリー消費量が多く、ペットフードはカロリーが高めに作られています。また、食いつきやすい原料が使用されていることが多く、歯磨き効果のある工夫がされているものが多いです。

犬のペットフード

犬のペットフードを選ぶときにどれを選んでいいのかいつも迷ってしまう、いつも同じものを買っているけど、特に理由なく惰性で選び続けている、とにかく値段の安いものをいつも買っているというような方は犬にとってペットフードがどれだけ大切であるかということをよく理解する必要があるかもしれません。普段気軽に買っているペットフードですが、犬にとっては重要な毎日の食事です。どのようなペットフードを選ぶかによって犬の健康や寿命に大きく関わってくるのです。

犬のペットフードを選ぶ際、まず気にして欲しいのが飼われている愛犬のサイズです。犬のサイズは大きく分けて大型犬、中型犬、小型・超小型犬の3種類に分けることができます。どのサイズにあてはまるかによってどれくらいのカロリーが必要かが変わってきます。サイズ別でペットフードを選んであげることが、その犬にあった理想的な食生活につながるのです。また、犬のライフステージもペットフードを選ぶ上でとても大切です。年齢と共に少食になっていくのは犬も人間も同じです。年をとれば胃に優しい食べ物が体に合いますし、高カロリーのものは避けるのが普通です。

また、意外と見落としがちなポイントですが、犬にも人間と同じようにアレルギーがあります。普段の食生活のほとんどがペットフードであるという犬も多いので、アレルギーの原因もペットフードにある場合が多いのです。

当サイトではこれから犬のペットフードを選ぼうという方に向けて、選ぶ基準や注意点などについて役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。