注意点

Pocket

犬のペットフードを選ぶ際、犬のサイズやライフステージの他に、共通して注意すべきポイントが幾つかあります。まずはアレルギーが有るかということです。犬にも人間同様アレルギーがあり、ペットフードが原因となるものは食物アレルギーと言い、その原因として一番多いのが穀物であるとされています。また、犬の体にとって必要な栄養素であるタンパク質でも、牛肉や豚肉もアレルギー源になりやすいといわれています。食物アレルギーの症状、兆候を普段からよくチェックしておきましょう。もし下痢や嘔吐、皮膚炎、かゆみなどの症状があらわれた場合、まずは獣医に相談してみましょう。ペットフードに含まれるタンパク質の原料を変えたことで解決するようなケースもあります。

次に去勢や避妊手術の有無です。犬は去勢や避妊手術を行うとホルモンバランスを崩してしまうため、太りやすい体質になることが多いです。ですので必要以上にカロリーを摂らないように配慮してあげる必要があるのです。

最後にペットフードの原材料です。最近では国産のものも非常に安全性のレベルが高くなっており、安心して与えられるものが多いです。また成分表などをよく見て、無添加のものを選ぶなど、犬の健康を意識したペットフード選びをしましょう。

参照資料……無添加ドッグフード「アランズ」です。
犬のアレルギーの考慮したグレインフリーのペットフードです。

Pocket